スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linuxサーバー構築中

ずいぶんと更新が止まってしまいましたが、開発のほうも少しずつですが進めています。

今は開発したアプリをテストするためのLinuxサーバーを構築中です。
ディストリビューションはCentOS5を選択しました。

選択した理由として
・RHEL(RedHut)クローンと呼ばれ、RedHutと同じソースコードで作られている。
 その為、RedHutとのコマンドがほぼ一緒。
・企業のサーバ構築を主目的としたOS

Linuxに慣れるためと、今後会社でRedHutに触りそうな感じなんでちょうどよいということで。

サーバー用のマシンは、余っていた古いノートPC「VAIO PCG-FX55G/BP」。
なぜサーバーに余りまくっているデスクトップではなくノートPCを選んだかというと、
・消費電力がデスクトップに比べ少ない。
・停電時にバッテリーがUPS代わりになる。
・場所をとらない。
という理由です。

開発したアプリをずーっとこのノートで動作させるわけじゃないし、
可用性と信頼性は完全無視で。

とりあえずCentOSのインストールから初期設定、Apache、Java、Tomcatとセキュリティ周りの設定は完了。
なぜかApacheは立ち上がっているがアクセスできないトラブルはあるけど、ぼちぼち直していく予定。

ちなみにCentOSのインストールなどの詳しい情報はCentOSで自宅サーバー構築を参考にさせてもらいました。

あとは、CVSサーバーをインストールして自動ビルド&デプロイ環境構築とMySQLのインストールに挑戦します。
スポンサーサイト

秋期情報処理技術者試験 受付開始

7月14日より秋期情報処理技術者試験の受付が開始されました。

IPA 情報処理推進機構HP
http://www.jitec.jp/

受付は8月11日までです。

平成21年度から新試験制度に移行されるので現行の制度最後の試験になります。
新制度に移ると出題範囲なども変わってくるので対策本が充実している現制度で取れる資格は
取っておくのもよいかと思います。

んで、今回も当然受けますが、
前回奇跡的にソフトウェア開発技術者に合格できたので
アプリケーションエンジニア試験かプロジェクトマネージャ試験と悩んでます。

自分のキャリアプランとあわせて考えるとプロジェクトマネージャかなと思うんですが、
実際にはプロマネは経験無いので全く自信無しです。

と考えるとアプリケーションエンジニアですかね、やっぱ。

Vista&IE7に泣かされた

今、私が管理しているWebシステムがあるんですが
この度、社内でもWindowsXPのサポート切れを見込んでWindowsVista&IE7での動作検証をやってます。


・・・・いやぁ、涙で画面が見えませんよ。(涙)


検証項目を消化すればするほど、動作不可のカウントが上がる上がる・・・・
システムの重要な機能はことごとく全滅でした。


なぜこんなことになったのか?


それはWebシステムがActiveXをメインで使用している機能が多く、
IE7ではActiveXのセキュリティ対策が強化されている為らしいですね。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/secnews/secpoint/secpoint0020.mspx


管理しているシステムで使っているのは、サードベンチャーが開発したActiveXなんですが
その開発元はすでに倒産していまっているらしく対策がとれナイツ。

クライアント側でそのActiveXを信頼できるものと設定をすればよいらしいでのすが、
それ以前にActiveXのコード自体がエラー吐き出してるんで根本的に使えません。

つーかそもそもActiveXなんてセキュリティ的にアレだし、良く考えたらIE系でしか使えんという時点で
もうダメだったのかもしれませんねぇ。 もろ選定ミス。

過去の失敗は、水に流して(流すな)WindowsXPのサポート切れまで
なんらかの対策をとらないといけないです。


また忙しくなるかぁ・・・
最近、コード触ってないので楽しくなーい。。

本を読むこと

Javaの試験合格後、しばーらく遊んでいたわけですが
職場の部署変更やら担当システムの見直しやらで多忙で次の勉強に
手をつけられない状態でした。っていう言い訳から入ってすみませんw

確かに多忙な上に次に勉強する目標がまだはっきり決まってない状態だったんですが、
合間に本は読んでいました。

最近読んでる本はコレ。
無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法
(2007/04/05)
勝間 和代

商品詳細を見る


本屋で目に付いて気になったので立ち読みしていつの間にかレジに立ってました(笑

まだ全部は読んでいませんが、正直これを読んで年収が10倍アップすることはそうそうないと
思いますが、この本でに書いてあることは「学習するための仕組み作りのケース」だと思います。

紹介されているケースは著者の勝間和代さんが自分で実施した仕組み作りをベースに作られています。
万人がこの通りにすれば年収が上がるわけでも無いですが、
学習する仕組みを作るには色んな視点から考え様々な方法があると気づかせてくれました。

情報を脳に蓄積するには、様々なインプット方法があります。
・目でみる
・耳で聞く
・声に出すなどなど。

これらのインプット方法は、その学習する対象によって変えていくものですし、
すべてをやっても効率がよくありません。

自分のようなシステム管理者やプログラマーなどはまず、目で見ることが大事だと思います。

目で見て理解(インプット)し、それを実践に移す(アウトプット)。

アウトプットは何でもいいんです。
コードを書いてもいいし、ノートに書いてもいい。
とにかく目で見たことを脳の中で整理し自分なりに解釈した結果を出してみれば
自然と覚えてきます。

アウトプットを出すには、インプットが無ければ難しいですが
まずは本を読んで知識を蓄えましょう。
本でなくてもインターネットで見つけた情報でも良いです。

とにかく色んな情報をインプットして整理することが大事です。

最後に、今回紹介した本は一度読んでみることをオススメします。
著者の方の実践したケースは得るものはあるはずです。
プロフィール

DJコーク

Author:DJコーク
地方で細々とSEまがいの仕事をしています。

楽天ブック
最近の記事
Feed
月別アーカイブ
スポンサードリンク
グラビス|gravis ノーマディック|nomadic ヴィブラム|vibram ロープロ|lowepro
MoMA STORE
MoMAstore
MoMAstore
MoMAstore
MoMAstore
MoMAstore
リンク
カテゴリ
サイト
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。