スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おつかれさまっした

本日で最終出勤日でした。

10年間よくがんばったよ。


20歳の時に今の会社へ入社し、そのまま某大手工場のシステム保守要員として派遣されて、

保守作業しながらプログラムの勉強を続け、システム運用担当者兼開発者へ配置変更されたぐらいに、

今の自分の基礎となるところが出来上がったのかな。


その後は、業務系システムの担当者を数年やってきたけど、

なんだろーね、長く同じシステムを担当してると、飽きというかもっと違うことをやりたくなってきて、

自分のキャリアプランを真剣に考えるようになってました。


そして、30歳までには転職するという目標を立てて、資格を取ったり勉強してきたわけです。


明日からは、新しい会社で今までとは全く違うことをやっていくことになるんですけど、

この10年間でやってきたことを自信としてがんばって行きたいと思います。


新卒の新入社員に30歳のおっさんが混じってますけど、気持ちは20代だから!(ぉぃ

フレッシュ(死語)な気分でがんばります!。


・・・・死語使ってる時点で終わっとるが(笑
スポンサーサイト

手帳が欲しい

手帳がすっげー欲しいです。

なんせ今までまともに手帳を使ったことが無くて、そろそろまともな手帳を持っておかんといかんなぁと。

ネットでどんなんが良いか色々探してたら、物欲センサーにピピっとくる手帳を発見。


ほぼ日手帳2009-ほぼ日刊イトイ新聞-


これですよ。

MOTHERシリーズで有名な糸井重里さんの「ほぼ日刊イトイ新聞」で作ってる手帳ですよ。

なかなか使い勝手も良さそうだし、シンプルで色使いもいいしね。

そんなに値段も高くないし、こりゃマジで欲しい。


嫁さんに投資予算申請してみるかな~。

世の中に不満があるなら自分を変えろ

いよいよ今の会社も残すところあと2日で退社です。

そろそろ身の回りの整理をしようかと思ってたんだけど、

人手が足りないからだろうけど、退職日ギリギリまで開発スケジュール入れるなんて・・・・(涙

さっさと終わらせて荷物まとめたい・・・・


さて、最近好きな言葉が出来ました。

「世の中に不満があるなら自分を変えろ。それが嫌なら、耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らせ」

とあるアニメの1シーンで使われていることで有名な言葉なんですけど、

元ネタはJ.D.サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」の1節から。


今の時代、不況が続いていて暗いニュースばかり。

こんな世の中に不満を持っていない人は少なくないでしょう。

けど、もしかしたらこんな世の中が理不尽だと考えているのは自分だけであって、

実は他の人はそう思っていないのかもしれません。

理不尽と感じているのはあくまで自分であって主観的な考えでしかなく、それが自分の考える「世の中」ということ。

つまりは、「自分の考え方を変えることで世の中を変える」事が出来るということになります。


不況だからと諦め何もやらないのは、「耳と目を閉じ、口をつぐんで孤独に暮らす」と同じ意味なのかなと考えています。

こういうときこそ、今何をするべきかを考えこれから先を見据えてどう行動するべきなのか
を見極めることが大事だなっと。


自分ひとりが変わることで、世の中は変えられないかもしれないけど、

自分から見える「世の中」は変えることができるんです。


完全に精神論になってしまいますけど、こんな考え方もあるってことです。

ネットからの情報収集

仕事柄、ネットから色んな情報を収集して新しい技術やらネタなどを集めることが多いんです。

前はニュースサイトなどを定期的に回って読んでたりしたけど、複数のサイトを廻るようになってきたら

読むことに時間を食っちゃって効率が悪いんですよねー。


ということで、今自分が実践している情報収集方法をまとめてみます。



まずニュースサイトなどはほとんどの場合、RSSを公開しているので

こいつを自動収集してまとめる為に、Google Readerを使ってます。


以前は、OutLookアドインでRSSをOutLookに取り込むツールを使ってたんですけど、

1台のPCに情報が集中しちゃって、会社と自宅で共有できなかったのでGoogle Readerに変えました。


Google Readerに読みたいサイトを登録し、更新情報を定期的に集めます。

集めた情報で興味ある記事のみチェックすることで、各サイトを廻る必要が無く効率が上がりました。


Webなので会社でも自宅でも同じ情報を確認できるし、とても便利。

例えば、仕事中は記事の概要だけチェックして(仕事中だから熟読はできんから)、気になる記事には

スターをつけて、自宅に帰ってから読むようにします。

読み終えた記事はその日のうちにスターを外しておくことで、読み忘れを防くことができますし。



特に気になる記事や今後役に立ちそうな記事については、ソーシャルブックマークに登録し情報を整理します。

ソーシャルブックマークは、はてなブックマークを使ってます。

タグ付けをして検索しやすいようにすることで、あとから知りたい情報をすぐ引っ張り出すこともできますし便利です。

※Google Readerにもタグ機能はありますが、自分は使いづらいんではてなにしてます。


Google Readerは情報収集ツール、
はてなブックマークは情報整理ツールとして使い分けてます。


ようやくしっくりできる使い方が出来てきたんですけど、

欲を言えば携帯でも同じように出来るようなもんがあればもっと便利なんですけどね。

目標を立てる

勉強にしろ仕事にしろなんらかの目標に向かってやるべきことをやっていきます。


そこでこれからの自分のキャリアプランをどう立てていくか自分が考えた目標の立て方を

踏まえてどのように組み立てていくのか紹介します。


自分には、最終的になりたい目標があるのですが、これは明確でなくても良いと思っています。

ふわっとした感じで一応の目標として持っているだけです。

今はその目標に向かって、何をするべきか考え実践していくことが大事ですので。


明確でもふわっとした目標でも良いので、「将来こうなりたいな」と決めたら

大体何歳くらいまでにその目標を達成したいのかを決めます。

例えば、50歳として今が30歳なら残り20年あるので、その20年でタイムラインを引いてみます。


次に、立てた目標に対してどんなことが必要なのかをリストアップ。

例えば、「○○資格が必要」や「○○の知識が必要」など、ここは出来るだけ具体的に。

リストアップした項目を先ほど作ったタイムラインに乗せて、何歳までに達成するという細かい目標を作ります。

35歳で○○資格を取る、40歳まで○○について勉強するなど。



大きな目標(将来の目標)を目の当たりすると、大きすぎてどうすればよいか分からなくなってくるけど

その目標までの道筋を細かく分割して、小さな目標を作ることで

目標をクリアしたときの達成感が味わえるし、継続し続けることができます。


最終的に最初に立てた目標を達成できれば最高ですが、

世界情勢や周囲の環境で、目標が変わってしまうことがあるかもしれません。

ですが、そこまでに達成した目標はすべて自分の財産になるので、無駄ではありません。


要は、こつこつとやり続けることが大事ってことです。


ちなみに、「将来の目標が無い」という人は

今まで自分がやってきたことを振り返ってみましょう

どんなことが得意だったのか、興味持ったことを思い出して、

そこから目標を作るのもいいかもしれません。

ですが、最終的な目標は明確に作らなくても良くてふわっと考えてみてください。


こんな感じで作った目標が、今の自分のキャリアプランとなります。

何年か後に同じ方法で見直しを掛けることも大事です。


まずは進むべき目標を持って進むことを心掛けましょう

いいひとだらけのプロジェクト

プロジェクトに参加しているメンバーすべてが、優しくとてもいい人。

理想的な職場環境ではあるが、プロジェクトを進める上では実はあまりよろしくないことに気が付いた。


プロジェクトを進める上で、色々と課題が出てくるものですが

メンバー全員で課題クリアを目指す。 と、聞くとなかなかよさそうな感じ。

しかし、みんなが「いい人」な場合は、困っている人がいれば自分のタスクを止めてまで助けに入る。


いや、それはそれで良いことなんだけど、これを「メンバー全員」がやっちゃうとどうなるか?

確かに課題は早く片付くかもしれないが、個人個人のタスクに少なからずとも遅延が発生してしまい、

微々たる遅延なら問題ないけど、積もり積もって目に見える遅延へ成長していく。


また、これは個人的な意見なんだけどいい人は協調性があるが、

その協調性が故に事ある毎、皆の意見を求めてくる。

会議の場でそれが始まると、「みんないい人」なんでその意見に対して時間をかけ色々と相談が始まる。

その議題に関係ない人も参加しちゃって、これもまた遅延に繋がる。


こんな場面に今、目の当たりにしているわけですが、

いい人が悪いという訳じゃなく、どこかで流れをぶった切るドライな人が必要だなぁと感じたわけです。


「まぁまぁ、ここでその話をみんなでしても仕方ないから、○○さんと○○さんで話して報告して」なんて言える

意見をまとめあげ、リソースマネジメントできる人」がプロジェクトリーダーないし、マネージャーなんだなぁ。


ちなみに、自分はいい人じゃないので自分のことで精一杯です(待て


絶対復習

MOONGIFTさんで紹介されていた何度も復習して知識の定着を促す「絶対復習」を少し試してみた。


まず利用するには、OpenIDに対応した各種サービスのアカウントが必要。

* mixi
* livedoor
* openid.ne.jp
* はてな
* Yahoo! Japan

YahooがOpenIDやってたなんて、今回初めて知ったわ。

とりあえず「はてな」のアカウントで登録してログイン。


インターフェースはとてもシンプル。

復習したいことを登録するだけ。

タグもつけられるんで、例えば「情報処理技術者試験」とか「CCNA」、「英語」とかグルーピングしておくことも出来て便利♪


登録すると、1日後、 1週間後、 1ヶ月後、半年後の間隔で表示されるので忘れた頃に復習できるし

復習することを忘れてしまう人(=自分)にはとてもオススメです。


さーらーに、その日の復習することをRSS配信までやってくれるという機能付き!

googleリーダーなどのRSSリーダーに食わせれば、定期的に確認することもできるし、

なかなか使えると思います。



これを使って、痴呆症を防ごう!(違う

自分専用スペース

仕事場ビフォーアフター:殺風景な屋根裏をプログラマーの楽園に

ライフハッカーさんで紹介されてた「仕事場ビフォーアフター:殺風景な屋根裏をプログラマーの楽園に」を見て、

エンジニアというか男として(?)こーいう部屋を持ちたいって夢がありますよね。

究極としてはこういう部屋が欲しいけど、書斎くらいは欲しいもんです。


最近、勉強用に書斎とまではいかないけど、自分専用スペースを確保することに成功。

今のところエレクタでパソコンテーブルを作ったくらいで、

まだまだ整備が必要な状態です。


ただ、暖房が無いので結局はコタツで勉強してますけどね。

次は暖房が欲しいなぁ。

日経○○○

今まで全く読んだことも無かった日経系の雑誌を年間購読しようか悩み中。。。。


いや、エンジニアとしては一度は目を通したことがある人が大半だと思うけど、

これが今まで全く読んだことがなかったんだなぁ。

週アスとかベーマガ(古!)ぐらいだし。


今まで専門誌とか、ぶっちゃけ関係ないしネットで見れば十分かなとか思って興味なかったんだけど、

去年9月から異動した部署で定期購読してて、見る機会があったんですわ。


見て思ったのが、やっぱりネットより詳しいし週刊・月刊だと特集があるのが良いよね。

でもなんと言っても、活字で読むというのが一番頭に入る。


ということで、以下のうちどれかを年間購読を検討中。

・日経コンピュータ

・日経System

・日経Linux

・日経NETWORK

・日経コミュニケーション

・日経情報ストラテジー

・日経ソリューションビジネス


どれもこれもこれからの仕事に役立ちそうだし、悩む。。。

いっそのこと全部購読すっか?(マテ)

まとめ中

とりあえずいつくか抱えているブログの位置づけを整理。


・Study Of Every Day
 このブログ。
 ここが仕事、勉強、日々の出来事を中心としてメインのブログ。
 

・ゲームのブログ
 今は全くやってないゲーム用に作ったブログ。
 更新もしないし閉鎖して、別のもんに作り変えるかねー。


・mixi(ミクシィ)
 友達限定の話題のみ扱う。
 

・超閉鎖的SNS
 仲間内だけで運営しているドローカルなSNS。
 参加しているのは今の会社のメンバーだけだし、連絡用とその他情報交換の場。


とりあえずこの方向性で、整理するかな。


あとは、メインブログのデザイン変更とカテゴリ分けか。
あーめんどくさい(待て)

ブログ整理

ブログ内容がメタメタになってきてるんで、
そろそろ整理したいと思います。。。


4月から職場が変わることもあって、
このブログの方向性というかなんというか一旦整理して
一から始め直したいなーと。


更新していないほかのブログも整理して、心機一転新しい気持ちで行きたいと思うんで
しばしお持ちをー。
プロフィール

DJコーク

Author:DJコーク
地方で細々とSEまがいの仕事をしています。

楽天ブック
最近の記事
Feed
月別アーカイブ
スポンサードリンク
グラビス|gravis ノーマディック|nomadic ヴィブラム|vibram ロープロ|lowepro
MoMA STORE
MoMAstore
MoMAstore
MoMAstore
MoMAstore
MoMAstore
リンク
カテゴリ
サイト
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。