スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいひとだらけのプロジェクト

プロジェクトに参加しているメンバーすべてが、優しくとてもいい人。

理想的な職場環境ではあるが、プロジェクトを進める上では実はあまりよろしくないことに気が付いた。


プロジェクトを進める上で、色々と課題が出てくるものですが

メンバー全員で課題クリアを目指す。 と、聞くとなかなかよさそうな感じ。

しかし、みんなが「いい人」な場合は、困っている人がいれば自分のタスクを止めてまで助けに入る。


いや、それはそれで良いことなんだけど、これを「メンバー全員」がやっちゃうとどうなるか?

確かに課題は早く片付くかもしれないが、個人個人のタスクに少なからずとも遅延が発生してしまい、

微々たる遅延なら問題ないけど、積もり積もって目に見える遅延へ成長していく。


また、これは個人的な意見なんだけどいい人は協調性があるが、

その協調性が故に事ある毎、皆の意見を求めてくる。

会議の場でそれが始まると、「みんないい人」なんでその意見に対して時間をかけ色々と相談が始まる。

その議題に関係ない人も参加しちゃって、これもまた遅延に繋がる。


こんな場面に今、目の当たりにしているわけですが、

いい人が悪いという訳じゃなく、どこかで流れをぶった切るドライな人が必要だなぁと感じたわけです。


「まぁまぁ、ここでその話をみんなでしても仕方ないから、○○さんと○○さんで話して報告して」なんて言える

意見をまとめあげ、リソースマネジメントできる人」がプロジェクトリーダーないし、マネージャーなんだなぁ。


ちなみに、自分はいい人じゃないので自分のことで精一杯です(待て


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DJコーク

Author:DJコーク
地方で細々とSEまがいの仕事をしています。

楽天ブック
最近の記事
Feed
月別アーカイブ
スポンサードリンク
グラビス|gravis ノーマディック|nomadic ヴィブラム|vibram ロープロ|lowepro
MoMA STORE
MoMAstore
MoMAstore
MoMAstore
MoMAstore
MoMAstore
リンク
カテゴリ
サイト
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。